口コミを見るときの注意点

口コミの内容をチェックしてみよう

口コミを見て、自分に合った口コミを探してみようとはよく言われるものの、「口コミってたくさんありすぎてどんな口コミを見たらいいかがわからない」という人や「ありったけの口コミを見ていたら時間だけが過ぎてしまった」という人も少なくありません。

 

それもそのはず、口コミにも種類があるため全ての口コミを見てしまうと時間だけがかかってしまうのです。もちろん情報を得ることもできるのですが、自分の得たい情報が知れる口コミだけを見れる方がスマートではありますよね。

 

まず、口コミには「その人の想像や意見」である内容と「実際に経験したことによる感想や意見」である内容にわけることができます。例えば一つの脱毛サロンの料金に対して「なんだかすごく安そう」「キャンペーンなんて安いみたいだけど本当に大丈夫?」といった意見も、頭の中で考えているだけならまだいいものの、その考えが世に出てしまえば口コミになります。しかしこれはまだ経験をしていない人の意見や考えです。それとは別に「実際に行ってみたけど、追加料金もなく表示通りの安い料金で脱毛してもらえた」「安そうと思ったけれど、実際は本当に安くて他のコースも契約しようかなと思っている」という実際に行った人の感想が世に出ればそれも口コミです。どちらの口コミが自分にとって有益になるかを考えてみると、やはり後者の口コミではないでしょうか。

 

同じ考えや気持ちを共有するという点では、「〜っぽい」「〜そうなかんじ」といった口コミも役に立たないわけではありませんが、実際に行こうとしているサロンを探している私たちにとっては、やはり実際にサロンに足を運んだ人の口コミの方が参考になるということが多いはずです。

 

口コミを見ていく上でどうしても判断しなければならないのが「信じられる口コミ」と「嘘の口コミ」です。本当のところはどうなのか、というのは口コミを投稿した人にしかわかりませんが、それとなく「これは嘘っぽいな」「本当のことだと思うなあ」という口コミは存在すると思います。その中から、特に「実際に経験してみないとわからないであろうと思われる口コミ」をチェックするといいでしょう。

 

「安そうなサロンです」「痛くなさそうだから行こうと思っています」といったものも口コミサイトなどで見かけることはありますが、これはまだサロンに行って施術を受けたというわけではありませんよね。もちろん口コミを投稿した人は本心で投稿しているのかもしれません。

 

ですから嘘の口コミだとは言えませんが、自分が行きたいサロンを探している人にとってはそのような口コミはあまり関係のないものなのです。それよりは実際に脱毛サロンに行って、施術した人にしかわからないような体験談をもとにしている口コミの方がわかりやすいですよね。信じられる口コミというよりは、わかりやすい口コミという方がイメージしやすいかもしれません。