毛抜きと脱毛は違うのか

脱毛=(イコール)毛を抜く処理ではありません

自宅での脱毛方法というと、毛抜きで1本1本抜いていったり、脱毛テープやワックスで毛を抜いたり、電気式の脱毛器で一度に抜く方法がありますよね。一方、プロにお任せする脱毛方法はレーザー脱毛や光脱毛、針脱毛などです。

 

どちらも脱毛と言われているけれど、実は仕組みが全く違います。自宅でできる脱毛方法のほとんどがムダ毛を毛根から無理やり引き抜いてしまうもの。見た目は毛穴も目立たなくなる上に毛根から抜いてしまうので毛の再生スピードが遅く、カミソリと違ってきれいな仕上がりが続くと思ってしまう人は多いと思います。

 

しかし肌への負担は最高レベルで、ムダ毛は一生減ることはありません。処理するスピードは遅くても、永遠に自己処理を続ける必要があるのです。

 

さらに自己処理を続ければ毛穴が炎症を起こして盛り上がってしまったり、埋没毛や色素沈着の原因にもなってしまいます。長年の毛抜きでの処理のせいで、鳥皮のようなぶつぶつした肌になってしまった人もいるのです。

 

これらの自宅でできる脱毛方法は、正直「脱毛」とは言い難いですよね。

毛を抜くということが脱毛というわけではなく、本来は毛を生えにくくするものです。

 

ムダ毛を生えにくくするのはもちろん、肌トラブルをおさえながら美肌も手に入れていきたいのであれば今すぐ自分でムダ毛を抜くのはやめて、プロによる脱毛施術を受けましょう。

 

プロの手によるブラジリアンワックスは脱毛に入る?

プロにやってもらう脱毛施術として、ワックス脱毛という方法があります。ブラジリアンワックスというとなんとなく聞いたことあるという人もいると思います。主に海外モデルなどがこのブラジリアンワックスで脱毛をしている人が多いですが、日本でもブラジリアンワックス専門サロンがあったり、実は昔から密かに人気のある脱毛方法です。

 

ブラジリアンワックスは、まずムダ毛に薄くワックスを塗ります。ワックスが硬くなってきたら、テープを剥がす要領で一気に引き剥がすのです。するとムダ毛をまとめて毛根から引き抜くことができ、痛みも一瞬でお肌がツルツルになるというものです。

 

光脱毛やレーザー脱毛より手軽で料金が安いことや、一時的にツルツルにすることができるということで人気がありますが、肌の弱い人には当然ながらおすすめできません。ワックス剤がいくら肌に優しくても結局は毛抜きでムダ毛を抜いているのと同じこと。埋没毛の危険性はありますし、赤みや炎症を起こす可能性もあります。

 

自分で抜くよりは良いとは思いますが、緊急でどうしてもここだけツルツルにしたい!という肌の強い人以外はあまり多用しない方が無難です。