永久脱毛効果が得られる脱毛方法と永久減毛効果が得られる脱毛方法

永久脱毛ってどんな状態のことを言うの?

「一生ムダ毛の生えない状態」「永久的にムダ毛がなくなる」そうイメージして脱毛サロンやクリニックに通っている人も少なくありません。しかし実際に脱毛サロンやクリニックで得られる効果は永久的には保障できません。

 

そのため、脱毛して永久的にムダ毛を無くしたいと考えている場合はその考えを改めてサロンなりクリニックなりに通わなければなりません。そうでなければ一生求めている肌を手にすることができないからです。

 

しかし永久脱毛の定義というものは、実際に永久的にムダ毛が生えてこないという意味なのかといえば違います。

 

米国電気脱毛協会が提示している永久脱毛の定義とは、「脱毛が終了してから1ヶ月経った時点で、毛の再生率が20%以下である場合」を永久脱毛と呼ぶということ。つまり脱毛の施術をした1ヶ月後にムダ毛の2割程度が生えているぐらいならそれも永久脱毛ですよ、ということなのです。一度処理したら二度と毛が生えてこない状態を永久脱毛というのではなく、実際には2割程度であれば生えていても永久脱毛と言ってしまっていいのです。

 

現在では、永久脱毛効果があると言われているのは針脱毛のみですが、永久脱毛の定義をもって考えると、脱毛サロンやクリニックでの脱毛もある意味永久脱毛と呼べるのではないでしょうか。

永久減毛でも十分な効果がある

現在では永久脱毛というと先に述べた通り「永久的に毛が生えない」と考えてしまう人が多いため、永久減毛といった言葉が主に使われています。

 

永久減毛の定義は「脱毛後、毛周期を超えた期間でも毛の数があきらかに減少している状態が持続すること」です。持続期間や何本ムダ毛が減ったかというのは定められていません。あきらかにムダ毛は減っている(だけどいつ再生するかはわかりません)といった状態であると考えるとわかりやすいと思います。ムダ毛が減った状態を持続できるというのは脱毛サロンでの光脱毛や、クリニックで受けるレーザー脱毛で得られる効果のことを言います。現在脱毛に通っている人のほとんどが、こちらの永久減毛の効果の方を得ているのではないでしょうか。

 

ムダ毛をゼロにするのはそれだけ難しいということでもあるのですが、それでも自己処理の必要がないぐらいに減毛することは可能ですし、ムダ毛を減らしたままその状態を維持することだって可能です。

 

また、再生した毛は薄い毛だったり、再び濃くて太い毛が生えてくるということはあまりありません。永久減毛であっても、十分に効果はあると思えるはずです。

 

また、完全無毛じゃないからこそ人間らしく、美しいと考える人もいます。確かに肌はきれいでも健康な人間なのに体毛が全く生えていないというのは少々不気味に感じてしまうこともあります。ムダ毛が全くない人より、体毛が薄くてムダ毛がムダ毛に感じられないぐらいの人の方が羨ましく思える時もあるはずです。それを考えれば、永久減毛ぐらいが一番ちょうど良い、と考えられるのではないでしょうか。