脱毛方法が変わると痛みも変わる?

脱毛というと、痛いというイメージを持っている人も多いですよね。これから脱毛をしようという人や、すでに脱毛を経験している人でも「痛い施術はできればしたくない」「痛いのは嫌!」といった考えを持っているはずです。そんな私も、プロにやってもらうんだから痛いなんてありえない!自分でやるなら多少痛いのは我慢するけど、なんて思っていたクチです。

 

実は脱毛方法によって痛みは全く違ってくるので、どこまで痛みを我慢できるかによって脱毛方法を選ぶというのも良いと思います。

 

例えば痛みが特に強い、痛みに耐えられない人もいると評判なのは針(ニードル)脱毛です。痛いのだけは絶対に無理という人は、まず選ばない方が無難です。しかし昔はみんな針脱毛でムダ毛を処理していたことや、脱毛効果が高く永久脱毛と呼べる脱毛方法は針脱毛しかないため、痛みを我慢してでもムダ毛ゼロを目指したいという人は頑張って針脱毛に通っています。

 

針脱毛ほど痛みはないけれど毛の濃い部分はそれなりに焼けるような痛みと焦げ臭いにおいもするというレーザー脱毛は、施術回数を少なくしたい人や早く脱毛効果が欲しい人におすすめです。

 

レーザー脱毛も針脱毛も、絶対に無痛になることはありません。しかしこれらの脱毛方法は医療機関で行うことができるので、麻酔を使用することができるのです。そのため一番痛いと呼ばれる脱毛方法でも無痛で施術を受けることもできます。もちろん料金はかなり高くついてしまうので、覚悟は必要です。

 

一方、どの部位でも比較的痛みが少なく、手足や毛の薄い場所ならほぼ無痛で施術が受けられることで人気なのは光脱毛です。毛が濃い部分は少し刺激を感じますが、レーザー脱毛や針脱毛に比べれば我慢できる痛みです。痛みは絶対に避けたい!我慢したくない!という人は光脱毛が最も向いています。

 

痛い施術は嫌い!無痛で脱毛するにはどうしたらいい?

脱毛独自の痛みがない、ハイパースキン法って知ってる?

光脱毛もレーザー脱毛も、熱ダメージを毛根やその周りの細胞に与えることで熱破壊させていく行為なので、痛いというより熱いといった表現に近い刺激を感じることは多いです。また、出力が強くなってしまえば火傷のような状態になってしまったり、火傷した後と同じ炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

そんな中、痛くなく安全で火傷などの心配が全くない脱毛方法があるのをご存知でしょうか。ハイパースキン法と呼ばれ、休止期の状態の発毛因子を消滅させてしまう方法です。通常光脱毛やレーザー脱毛が成長期の毛に反応するのに対し、ハイパースキン法はまだ生えていない毛の種に作用する波長の光を利用します。そのため毛が燃えるような痛みやにおいもなく、もっとも肌に負担をかけずに脱毛ができるのです。どちらかといえば脱毛というよりは減毛、発毛予防に近い方法だといえます。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。