肌が荒れてる人こそ医療レーザー脱毛の方が良いって本当?

医療レーザー脱毛といえば、光脱毛よりも出力が強いので効果があるということで有名ですよね。効果は…

出力が高い医療レーザー

医療レーザー脱毛といえば、光脱毛よりも出力が強いので効果があるということで有名ですよね。効果はあるのですが、その分痛くて肌が赤くなることも多く、人によっては赤みがいつまでもひかなかったり、肌荒れを起こしてしまうなんて口コミもよく見かけます。



しかしそんな医療レーザー脱毛は肌が荒れている人にこそおすすめだという話を聞きました。


肌が荒れる可能性もあるぐらい出力の強いレーザーなのに、どうして肌荒れに良いのか。その理由について調べてみました。

医療レーザー脱毛が肌が荒れている人にこそ向いている理由

なぜ肌が荒れている人こそ医療レーザー脱毛がいいのでしょうか。1つの理由としては医療レーザーはクリニックでしかできないというところにあります。


脱毛サロンでは医療行為は禁止、かつ医療機関ではないために万が一肌トラブルが起きてしまった時にもすぐに対処ができません。薬の処方はもちろん、医療行為すらできないわけですからクリニックと連携をとるぐらいしかできないのです。そのため肌荒れがひどい人や肌が弱い人は施術を断られることもあります。


一方医療レーザー脱毛ができるクリニックは、医療機関です。すぐに薬を処方したり、適切な処置ができます。そのため肌が荒れていたり肌が弱くても施術OKというところも多いです。


また、医療機関では肌荒れの状態や肌の診断なども容易にできます。専門的な知識を持った医師や医療従事者がいるわけですから、肌の調子を診ながら肌荒れを悪化させないような脱毛施術ができるのです。


これが脱毛サロンとなると、肌荒れを見ただけでは何もわからず、ただ悪化させないために施術ができないということになってしまうのです。

事前に医師に診てもらうことが大事

医療レーザー脱毛の方が肌荒れによく、悪化してしまう心配もほとんどないということはわかりましたが、施術の際にいきなり肌荒れしてますと伝えたり、肌が荒れていることを事前に何も言わないのは少々マナー違反です。


適切な処置を受けるには、事前にきちんと申告しておいた方がいいでしょう。カウンセリングではもちろん、毎回の施術前に肌の状態を伝えれば、肌荒れがひどい時は医師が直接診察し、肌荒れを治す薬まで処方してくれることがあります。


これらの理由から、肌が荒れている人こそ安全に脱毛を受けるには、医療レーザー脱毛が良いと言われているのです。


肌が弱かったりすぐに荒れてしまったりすると脱毛できないのではないかと心配になりますが、カウンセリングなどできちんと相談することでより安全に施術を受けることができますよ。